ゲーム実況用おすすめPC選びの秘訣 性能とコストのバランス

目次

ゲーム実況用PC選びの基本

ゲーム実況用PC選びの基本

ゲーミングPCとオフィスPCの違い

ゲーム実況用PC選びでは、ゲーミングPCとオフィスPCの違いを理解することが肝心です。

ゲーミングPCは、高いグラフィック性能と迅速な処理能力を備え、複雑なゲーム環境での快適なプレイを保証する設計になっています。

それに対し、オフィスPCは文書作成やインターネット検索など、日常業務に必要な基本機能を重視し、それほど高性能なグラフィックカードやプロセッサは必要とされません。

ゲーミングPCが実況に適しているのは、そのパワフルなコンポーネントがフレームレートの安定や画質の高解像度を維持するためです。

これは、視聴者にとって滑らかで鮮明なゲーム映像を提供するうえで重要です。

また、ストリーミングソフトウェアや同時に動く複数のアプリケーションもスムーズに動作させるためには、オフィスPCよりもずっと強力なマシンが求められます。

さらに、ゲーム実況では、PCが長時間にわたる高負荷作業に耐える耐久性も鍵となります。

ゲーミングPCは充実した冷却システムや耐久性のあるパーツを採用しているため、長時間の配信でも性能低下を最小限に抑え、安定したパフォーマンスを継続します。

このように、ゲーム実況向けのPCを選ぶ際には、単に作業をこなすためのオフィスPCとは異なり、高いグラフィック処理能力、大量のデータを速やかに処理可能なCPU、しっかりとした冷却機能といった要素が必携です。

これらを踏まえ、ゲーミングPCはゲーム実況者にとって欠かせないツールと言えるでしょう。

適切な機種を選ぶことで、視聴者に快適な視聴体験を提供し、自身の実況キャリアを一層充実させることが可能になります。

必要なスペックの見極め方

ゲーム実況用PCのスペックを見極める際、重要なのはゲームの種類と実況の形式です。

高解像度での配信を考えている場合、PCはグラフィックスの処理能力が高いものを選ぶ必要があります。

具体的には、NVIDIAやAMDといった有力ブランドの中級以上のグラフィックカードを搭載している製品が望ましいです。

また、複数のソフトウェアを同時に動かすゲーム実況では、CPUも重要な役割を担います。

例えば、インテルのCore i7やAMDのRyzen 7といった多コア、多スレッドに対応したCPUは、スムーズな配信を実現するためにお勧めです。

さらに、快適なゲーム実況には十分なRAMが不可欠です。

最低でも16GBのRAMを搭載したPCを選択することで、ゲームと配信ソフトウェアの動作を安定させることができます。

迅速なデータアクセスとゲームの読み込み速度を向上させるためには、SSDのストレージを採用することも忘れてはなりません。

大容量のゲームファイルや配信データを扱うためには、最低でも500GBのSSDを推奨します。

これらのスペックを満たすPCを選ぶことで、ゲーム実況において高品質な映像を提供するとともに、視聴者にとって快適な視聴体験を作り出せます。

ゲーム実況用PCには様々な選択肢がありますが、こうしたポイントを抑えた適切な選択をすることで、コストパフォーマンスに優れた効率的なセットアップが実現するでしょう。

自作とプリビルドの選択

ゲーム実況用PC選びにおいて、自作とプリビルドの選択は非常に重要なポイントです。

自作PCは部品を1つずつ選び、自分の手で組み立てるため、細かいニーズに合わせたカスタマイズが可能となります。

例えば、より強力なグラフィックカードや、より多くのメモリを搭載するための調整が思うがままに行えます。

こうした柔軟性は、将来的なアップグレードを見据えており、長期的にパフォーマンスを維持したい実況者にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

一方で、プリビルドPCの場合はメーカーが用意したスペックに沿ったものを購入します。

この選択の利点は、すぐに使用できる利便性と、自作時には避けられない互換性や組み立ての手間を省けるところです。

特にPCに関する深い知識がない初心者には、信頼性の高さと安心感がプリビルドPCの大きなメリットであると言えます。

両方の選択肢にはそれぞれにメリットがありますが、ゲーム実況において最も重要なのは、スムーズな配信を実現するための性能を確保することです。

そのためには、ストリーミングに必要なCPUの力強さや、ゲームの映像を美しく表示するグラフィックの質、そして長時間の使用に耐える冷却システムなどを考慮する必要があります。

そのうえで、コスト面と将来的なアップグレードの可能性を比較し、自分の状況に最も適したPCを選択するのが賢明です。

そしてもちろん、その選択に後悔のないよう、情報収集と慎重な判断が求められます。

性能が重要なコンポーネント解説

性能が重要なコンポーネント解説

CPUの必要性能とコストパフォーマンス

ゲーム実況は、その鮮やかなゲームプレイや生き生きとした実況が魅力です。

このエキサイティングな体験を支えるのが、PCの心臓部であるCPUの役割です。

CPUの性能が高ければ高いほど、複雑なゲームの処理や、複数のタスクを同時にこなすストリーミングという重い作業をスムーズに行うことができます。

一方で、最新のハイエンドモデルは非常に魅力的ではあるものの、その価格はすぐさま財布の紐を固くしてしまうほど高価です。

ゲーム実況に最適なCPUを選ぶ際には、最低限必要な性能を見極めつつ、コストパフォーマンスも重視する必要があります。

たとえば、多くの現代的なゲームタイトルでは、少なくとも4つのコアが運用されており、8コアや12コアのCPUが一般的に推奨されます。

だからといってすぐに最高コア数を追求するのではなく、現在の市場にはコア数の割に手頃な価格のCPUも多数存在します。

これらは適切な速度でゲームとストリーミングを同時に処理するのに十分な能力を備えていることが多く、コストを抑えたい実況者にはうってつけです。

快適なゲーム実況のためには、最善を尽くして適切なCPUを見つけ出すことが大切です。

そのためには、現在の市場で信頼されているブランドから、バランスの良い性能で価格が適正なモデルを探すことをお勧めします。

例えば、中価格帯でありながらも良好なゲーミング性能を提供するAMD Ryzen 5やIntel Core i5シリーズは、コストとパフォーマンスが見事に両立した選択肢で、多くの実況者に支持されています。

結局のところ、ゲーム実況用PC選びでは、目をくらますような性能や最新の機能よりも、自分の実況スタイルや予算に合致したCPU選びが最適です。

そこに集中し、見極めることが、失敗のないPCとの長い付き合いの第一歩となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41025 2414 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40974 2355 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40974 2355 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38452 2076 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38376 2047 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35383 2232 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35383 2232 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33640 2206 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33640 2206 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32419 2100 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32419 2100 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29150 2038 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28751 1967 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26940 2043 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24552 2101 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24552 2101 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21997 1947 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20290 2014 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19436 1935 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17667 1814 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15988 1776 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15988 1776 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15233 1979 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9042 1745 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9042 1745 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

グラフィックボードの選び方

ゲーム実況において、映像を滑らかに、美しく表示するためにはグラフィックボードの役割が非常に重要です。

実況に最適なグラフィックボードを選ぶ際にはいくつか考慮すべきポイントがあります。

まず、実況するゲームの種類によって必要とされる性能は異なります。

最新のハイエンドゲームを美麗なグラフィックで流暢に実況したい場合、高性能なグラフィックボードが必要となるでしょう。

一方、リソースをそれほど要求しないゲームであれば、中間クラスのグラフィックボードでも十分な場合があります。

次に、解像度の高さも重要な決定要素です。

4K解像度での実況を予定しているならば、それに見合った処理能力を持つグラフィックボードが求められます。

フレームレートと解像度のバランスを見極め、視聴者に最高の視聴体験を提供することが重要です。

さらに、グラフィックボードを選ぶにあたっては、将来の拡張性も視野に入れるべきです。

ストリーミング技術やゲームのグラフィックは日々進化するため、しばらく使用しても性能が陳腐化しないよう、余裕を持ったスペックのグラフィックボードを選択することが賢明です。

また、コストパフォーマンスを意識することも不可欠です。

高性能なグラフィックボードへの投資は実況品質を向上させますが、予算との兼ね合いを考え、最適なグラフィックボードを見つけ出す必要があります。

実況に必要なスペックを把握し、無駄なく、かつ長期的な使用を見越した投資を心がけましょう。

こうして選ばれたグラフィックボードが、ゲーム実況を行うPCの中心となり、圧倒的な映像美を実現するための鍵となります。

視聴者を魅了するゲーム実況には、グラフィックボード選びが極めて重要であることを忘れないでください。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36021 74012 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29954 73308 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29005 68227 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26054 67407 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23626 55560 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19839 50402 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19152 51049 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17890 45812 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16915 42382 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13401 34556 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13400 35005 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13285 34374 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12409 30334 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10778 31692 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10608 28539 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10599 27459 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7304 19591 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6244 16017 130W 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R57C

パソコンショップSEVEN ZEFT R57C

高性能&スタイリッシュ、ゲームライフを加速するハイスタンダードゲーミングPC!
バランス良好!強力なプロセッサと先進のグラフィック、快速32GBメモリのトリプルスレットマシン!
静かなる獰猛さ、CoolerMaster Silencio S600の静音性と品格あふれるデザイン性が融合したPC
Ryzen 7 7700搭載、最先端の処理力でゲームも作業もスムーズにこなす強力CPUマシン!

【ZEFT R57C スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB
【ZEFT Z45IB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

プロ級のパフォーマンスを求めるゲーマーへ、最新のソフィスティケートスタンダードゲーミングPC
シームレスなゲームプレイのためにバランス良く選ばれた高性能スペック
Antec P10 FLUXの静粛性と洗練されたミドルタワーが纏うシックな魅力
驚異の計算力とマルチタスク性能、Core i7 14700KFが動力源

【ZEFT Z45APB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

ハイスペックランクの実力を体感せよ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングPC
独創的なスペック配分で、プレミアムな体験を実現。休むことなきゲームの冒険にふさわしいマシン
シックなホワイト・キューブケース、個性を引き立たせるデザイン性で空間を彩るPC
最新のi9パワーでマルチタスクもスムーズ。非凡なクリエイティブ作業が可能なゲーミングPC

【ZEFT Z45BJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

メモリとストレージの最適容量

絶妙なバランスで構成されるメモリとストレージは、ゲーム実況PCにおいて、快適なパフォーマンスを約束するための重要な要素です。

ゲームの種類や実況のスタイルによっては、大量のデータを扱うことがありますので、メモリは最低限16GBを用意することを推奨します。

より多くのアプリケーションを同時にスムーズに動かすためには、32GBを目安とすることが望ましく、これにより、ゲームも配信ソフトも問題なく実行できる余裕が生まれます。

ストレージに関しては、速度と容量の両方が重要になります。

ゲームの読み込み速度を向上させるためにも、OSと主要なソフトはSSDにインストールすることが理想的であり、1TB以上を推奨します。

しかし、ゲーム実況では多くの動画ファイルを保管する必要がありますので、追加で2TB以上のHDDも併用することで、長期間のアーカイブにも対応できます。

このように、メモリとストレージは、それぞれがゲーム実況の質と快適性を左右する要素であり、十分な容量と速度を備えたものを選ぶことが求められます。

バランスよくこれらが備わったPCを選定することで、滑らかな実況プレイと迅速なデータ管理が可能となり、視聴者にとっても満足度の高いコンテンツ制作に繋がるでしょう。

ゲーム実況用PCの推奨スペック

ゲーム実況用PCの推奨スペック

エントリーレベルのスペック

ゲーム実況用PCの推奨スペックをエントリーレベルで見ると、ゲームの快適なプレイと同時配信を考慮した際、十分な性能が必須であることは明らかです。

特にCPUには、複数のタスクを同時にこなす能力が求められ、最低でも4コア8スレッドを備えたプロセッサが望ましいです。

例えば、Intel Core i3の上位モデルやAMD Ryzen 5シリーズが、コスパに優れた選択肢と言えるでしょう。

また、ゲームの映像処理に重要な役割を担うグラフィックカードは、最近のゲームタイトルを快適に実行できるレベルを考慮すると、NVIDIAのRTX3050やAMDのRX 7700など、エントリーレベルでも十分な力を持ったモデルが理想です。

ゲーム実況では、画面の滑らかさが視聴者の体験に大きく影響するため、フレームレートは常に安定していることが重要です。

そして、忘れてはならないのがメモリです。

少なくとも8GBを目安にするとよく、快適なゲーミングと配信のためには16GBが推奨されます。

これにより、ゲームのロード時間短縮や、複数のアプリケーションをスムーズに動かすことが可能となります。

ストレージには、ゲームの読み込み速度を上げるためSSDがおすすめですが、動画データなどの大容量ファイルを扱うためにも、1TB以上のスペースを確保しておくとよいでしょう。

エントリーレベルでの選択は初期投資を抑えつつ、その後も快適なゲーム実況ができる土台を築く大切なステップです。

上記のポイントを踏まえつつ、自分のプレイするゲームの要求スペックを満たすPCを選択することで、コストパフォーマンス良くゲーム実況を楽しむことができるでしょう。

ミドルレンジでのバランス良い選択

ミドルレンジのPCを選ぶ際、多くのゲーム実況者が直面するのが、性能とコストのバランスを見極めることです。

ゲームのプレイはもちろん、同時に高画質でのストリーミングにも影響するため、グラフィックカードは特に重要な役割を担います。

NVIDIA GeForce RTX4060以上を搭載しているモデルは、フルHD解像度で快適にゲームを楽しむと共に、配信もスムーズに行えるでしょう。

また、プロセッサは、複数のアプリケーションを同時に稼働させることが多いため、Intel Core i5やAMD Ryzen 5を最低ラインと捉え、さらに快適性を求めればi7やRyzen 7へのステップアップが理想的です。

ストレージに関しては、速度の速いSSDが起動時間の短縮やゲームのロード時間を削減し、実況の手際の良さを支えてくれます。

また、録画データの保存には大容量のHDDも併用することで、膨大なデータを管理するストレスを軽減します。

メモリは16GBを標準とし、さらに余裕をもたせるために32GBを目指せば、高負荷時でも安心です。

このように性能面をしっかりと押さえつつ、パーツの価格変動にも注意を払いながら、適切なタイミングでの購入を心掛けることで、バランスの取れたミドルレンジPCが実現可能です。

高すぎず低すぎない、堅実なゲーム実況用PC選びを心がけることで、コストパフォーマンスに優れたストリーミング環境を構築しましょう。


ハイエンドPCが必要なシチュエーション

ゲーム実況用PCの性能要求はゲームの種類や放送のクオリティによって大きく変わりますが、特にハイエンドPCが必要とされるシチュエーションはいくつか存在します。

例えば、最新のAAAタイトルを高解像度で滑らかに動作させながら、同時に高品質の配信を行う場合、強力なグラフィックスカードと複数のコアを持つCPUが必須となります。

また、VRゲームや3Dモデリングを含む放送では、パフォーマンスの限界を押し上げるハードウェアが求められます。

実際にゲーム実況を行いながら配信者が解説を入れるための追加的な処理能力も忘れてはなりません。

マルチタスクを効率的にこなすためには、十分なRAMと高速なストレージが欠かせません。

また、複数のカメラアングルや高度なオーバーレイ機能を使用する実況者には、一般的な設定を超えた拡張性も考慮する必要があります。

ストリーミング用途に特化したPCを構築する際には、ノイズが少なく安定した電源供給を行うための高品質な電源ユニットや、長時間の使用でも安定した冷却を維持するための効率的な冷却システムも見逃せません。

これらはゲームのプレイはもちろん、視聴者にとって快適な視聴体験を提供するためにも不可欠です。

エンスージアストな実況者が目指す高解像度、高フレームレートの配信は、最適なハードウェアがあってこそ成し遂げられる芸術です。

こうした状況下では、ミドルレンジのPCでは不十分であり、ハイエンドPCへの投資がその価値を十分に発揮するのです。

予算別 ゲーム実況PCの選び方

予算別 ゲーム実況PCの選び方

10万円以下の予算で探す

10万円以下の予算でゲーム実況用のPCを選ぶ際、性能とコストのバランスが非常に重要です。

この価格帯では、まず中央処理装置(CPU)の選定から始めます。

高性能なCPUはゲームの快適性を左右しますが、無理に最新モデルを選ばず、前世代でも高性能なものを選ぶことで、コストを抑えつつ十分な処理能力を確保できます。

次にグラフィック処理装置(GPU)、ここでは多少の妥協が必要ですが、ゲーム実況では画質が生命線。

中古市場をうまく活用することで、予算内でも高い性能のGPUが見つかることがあります。

また、メモリは最低でも8GBは搭載したいところですが、後から拡張可能なため初期投資は抑えておき、将来的なアップグレードを考慮に入れるのが賢明です。

ストレージに関しては、少なくともゲームをインストールするための容量は必要ですが、高速なSSDと容量の大きいHDDを組み合わせることで、スムーズな読込速度と十分な保存領域を両立させます。

最後に、ゲーム実況のためには十分な冷却機能を持つケースや、安定した電力供給を保証する電源ユニットの選択も見逃せません。

これらの要素を総合的に考慮し、カスタマイズしやすいPCを選ぶことで、将来的に必要に応じて部品交換をして性能を向上させることも可能です。

決して高価なPCでなくとも、組み合わせとアップグレードの計画により、ゲーム実況に適したPCを構築することは十分可能です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パワーユーザー驚愕、ミドルハイグレードのエキスパートマシン
フラッグシップCPUとRTX 4070Tiのシンフォニー、鮮烈なパフォーマンス
静かなる風、アンテックの洗練ケースが紡ぐ優雅なサイズ感
マルチタスクも滑らか、最新i7-14700KFの力強いパフォーマンス

【EFFA G04B スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AJ
【ZEFT Z52AJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

ハイエンドなゲーミングPC、アドバンスドクラスの性能でゲーム世界へと誘う
RTX 4070搭載、ミドルタワーに凝縮されたパワフルバランスが魅力
エレガントなホワイトデザイン、NZXT H7 Flow、内部が輝くRGBケース
Core i7 14700KF搭載、最先端技術でシームレスなパフォーマンスを実現

【ZEFT Z45AGA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAJ

ゲーミングの極境を味わう、プロフェッショナル級のパフォーマンスPC
高速DDR5と2TB NVMeの黄金バランス、スムーズな体験をコミットするスペック
クリアパネルが映えるCorsairデザイン、美しさと空気の流れを追求したミドルタワー
トップクラスのパワー、Ryzen 9で非凡な処理能力を実現するマシン

【ZEFT R56DAJ スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X3D 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAJ

15?20万円台での最適なPC構成

15?20万円台で最適なゲーム実況PCの構成について、ゲーム実況者が追い求める快適なプレイと高画質な配信を実現するためのポイントを考えてみると、まず重要なのはグラフィックス性能です。

この価格帯では、ミドルレンジのグラフィックスカードが適しており、例えばNVIDIAのRTX4060やRTX4070などが選択肢となります。

これらは最新のゲームを高設定で快適に動作させる力を持ちながら、ストリーミングのためのエンコード機能も備えており、コストパフォーマンスに優れています。

プロセッサは、ゲーム実況にはマルチタスク性能が求められるため、8コア以上のCPU、例えばAMDのRyzen 5 7600やIntelのCore i5-14600Kがおすすめです。

これにより、ゲームプレイと同時に配信ソフトウェアの運用負担を軽減し、スムーズな実況を実現できます。

メモリはゲームとストリーミングを同時に行うことを考慮し、最低16GBを搭載することをおすすめします。

これにより、複数のアプリケーションを問題なく動かしながら、配信中の予期せぬトラブルを避けることができます。

ストレージには、オペレーティングシステムと頻繁に利用するゲームを迅速に読み込むために、SSDを導入することが必須です。

500GB以上のNVMe SSDなら、起動速度の向上だけでなく、ゲームのロード時間の短縮にも効果的です。

データ保存用には2TB以上のHDDも併設すると、録画した映像の保管などにも余裕が生まれます。

このように、15?20万円台では、適切なパーツ選びにより高品質なゲーム実況を実現するPCを構築できます。

予算内で最大限の性能を引き出し、ゲーム実況に必要な安定性と速度を確保することが、エンドユーザーにとって最良の選択といえるでしょう。

25万円以上投資するメリット

ゲーム実況において25万円以上をPCに投資するメリットは、高性能なゲームプレイと高品質な配信を同時に行える点にあります。

この価格帯では、最新のグラフィックスカードや高速なプロセッサ、大容量のRAMといった先進のスペックを搭載したPCを手に入れることができます。

これにより、最先端のゲームでも快適に動作し、同時にエンコード処理を行いながらでも、視聴者に対して滑らかで鮮明な映像を提供できるのです。

高額な投資を行うことで、さらにはゲーム実況に最適化された専用の機能が充実している点も見逃せません。

たとえば、ノイズキャンセリング機能付きの高品質なマイクや、高解像度のウェブカメラ、専用のストリーミングソフトウェアなどを有していることは、視聴者にとっての鑑賞体験を一層豊かにする要素です。

また、長時間の使用に耐えるための冷却システムや静音設計、さらには長い目で見ると交換やアップグレードのニーズが少なく経済的であるなど、信頼性と耐久性においても高いレベルを求めることができます。

その結果、安定したパフォーマンスを持続しやすく、頻繁なトラブルやアップグレードの手間を抑えることが可能です。

それゆえ、25万円以上の投資は、単に高性能なPCを手に入れること以上に、ゲーム実況という活動をプロとして長期にわたって続けるための信頼性と、視聴者にとっての満足度の両方を確保するための賢明な選択であると言えるのです。

高い投資は最高水準の実況体験をもたらし、それは視聴者のロイヤリティの構築に直結します。

周辺機器も忘れずに

周辺機器も忘れずに

ゲーム実況に適したモニター選び

ゲーム実況に適したモニター選びは、臨場感あふれる配信を目指すならば避けて通れない重要なポイントです。

高解像度と応答速度の速さは、細部まで鮮明にゲームの世界を伝えるために必須の条件となります。

特にフルHD(1920×1080)以上の解像度を持つモニターは、細かいテクスチャや光の表現をリッチに映し出し、視聴者をゲーム世界へと誘います。

さらに、ゲームのジャンルによっては応答速度の差が致命的になることがあり、例えばシューティングや格闘ゲームでは1ms未満のモデルが選ばれる傾向にあります。

加えて、快適な実況のためにはリフレッシュレートが高いモニターを選ぶこともポイントです。

60Hz以上、できれば144Hzや240Hzの高リフレッシュレートを持つモニターは、スムースでクリアな映像を生成し、動きの激しいシーンでも視聴者にストレスのない視聴体験を提供します。

また、HDR対応モニターを選べば、よりダイナミックなコントラストと豊かな色彩を生み出し、視聴者の目を釘付けにすることが可能です。

最後に、視野角の広いIPSパネルなど、見る角度による色の変化が少ないモニターを選ぶことで、どの角度から観ても一貫した画質を配信できるため、多角度からの配信や視聴者との共有体験には特に有効です。

ゲーム実況用のモニターを選ぶ際は、これらの性能を総合的に見極め、自身の実況スタイルや目指す配信のクオリティーに合った一台を見つけることが肝要です。

そうすることで、ゲームの醍醐味を余すことなく視聴者と共有できる実況が可能になります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

効率的な作業とエンターテイメントを実現するハイバリュースタンダードゲーミングPC
RTX 4060搭載で驚異のグラフィック性能、均整の取れた16GBメモリでマルチタスクもサクサク
省スペースで存在感を放つコンパクトケース、スタイリッシュなクリアパネルで内部を魅せるデザイン
最新のスマートパフォーマンス、Core i3 14100がもたらすスムーズな日常操作

【ZEFT Z45DBU スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A
【ZEFT Z51A スペック】
CPUIntel Core i9 14900KS 24コア/32スレッド 5.60GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52D
【ZEFT Z52D スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

ハイバリュースタンダードのパワフルスペックで、プロのゲーマーから日常の使い勝手までをカバーするマシン
最新VGAのRTX 4060とi5 14400Fが組み合わさり、優れた性能バランスで最新ゲームを快適プレイ
NZXT H5 Flowケースを纏い、クールなホワイトが映えるデザイン性豊かなPC
Core i5 14400F搭載、スマートにこなすパフォーマンスでクリエイティブ作業もスムーズに

【ZEFT Z47F スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

入力端末 キーボードとマウス

ゲーム実況において、PC本体の性能もさることながら、快適に豊かな表現を実現するためには、キーボードとマウスは非常に重要な役割を担っています。

キーボードに関しては、反応速度が速く、長時間の使用に耐える耐久性を持つメカニカルタイプが多くの実況者に推奨されます。

これらは押し心地が良く、疲れにくいことから長時間のプレイでも快適な操作を支えてくれます。

また、マウスは、精密かつスムーズな動きが求められるため、DPI(ドット・パー・インチ)が調節可能なモデルや、ゲームのジャンルに応じた追加機能を搭載しているものが適しています。

特に、マウス選びでは、手になじむ形状であることも重要です。

長い時間をかけて実況するゲームには、手の疲れを最小限に抑えるエルゴノミックデザインの製品が向いています。

また、応答速度の問題からワイヤレスよりも有線のマウスが好まれる傾向にあり、秘訣は自分のプレイスタイルや好みに合わせた選択をすることにあると言えるでしょう。

実況中の操作が快適だと、自然とプレイヤーのパフォーマンスも上がり、視聴者への発信もスムーズになります。

エンターテイメントとしての質を高めるためにも、キーボードとマウス選びは重要なファクターとなるわけです。

このように、ゲーム実況用のPC選びは、コアなパフォーマンスだけでなく、実況者とその視聴者の双方にとって最高の体験を提供できる周辺機器にも着目して選ぶべきです。

快適な実況環境のためのサウンド機器

ゲーム実況では、鮮明な画像を提供するPCの性能が重要ですが、視聴者の没入感を高めるためには高品質なサウンド機器の選定も欠かせません。

ゲームの世界に深く潜り込み、まるでそこにいるかのような体験を伝えるには、クリアでバランスの取れたオーディオが不可欠であり、まずはマイクの選択に注意を払いましょう。

実況者の声が明瞭かつ自然に聞こえる高性能マイクは、聴き手にストレスを与えません。

ノイズキャンセリング機能付きのマイクは、周囲の雑音を抑え、声だけを際立たせて伝えるため、質の高い配信を行う上で絶対条件です。

さらに、リスナーの耳を楽しませるためには、ヘッドセットやスピーカーの購入も検討しましょう。

快適な装着感と、高解像度の音を出力できるヘッドセットは長時間の実況においても疲れにくく、さらには没入感を提供します。

一方、スピーカーを適切に配置して部屋全体に広がるサウンドを創出すれば、まるで実際にゲームの中にいるかのような体験ができ、視聴者にとっても魅力的な環境を演出できます。

サウンドインターフェイスも忘れてはならない重要な要素です。

これによりマイクや楽器、その他オーディオ機器をPCに接続し、より高品質なサウンドを配信できます。

ゲーム実況には、躍動感のあるサウンドトラックや効果音がつきものですが、それらをきめ細かくクリーンに届けるためにも、サウンドインターフェイスの選定に注力することが推奨されます。

ですから、PC選びにおいては、単にグラフィックや処理能力だけでなく、サウンド機器にも目を向け、視聴者に最高の体験を提供するための環境作りを心掛けてください。


ゲーム実況ソフトウェアの要求スペック

ゲーム実況ソフトウェアの要求スペック

ストリーミングに適したPC設定

ストリーミングに適したPC設定がゲーム実況において成功のカギを握ります。

それは、スムーズな映像配信と快適なゲーム体験を保つために必須であるからです。

ゲーム実況ソフトウェアは、高い解像度とフレームレートでの動画配信を要求しますが、これに対応するためには、強力なプロセッサ、十分なメモリ、そして高速なグラフィックスカードを搭載したPCが求められます。

特に、マルチスレッド処理に優れたCPUは、同時進行するゲームのプレイと配信の処理の負荷を効率的に分散します。

また、ストリーミングはアップロード速度が重要なポイントです。

これはPCのハードウェア能力だけでなく、インターネット環境に依存するため、安定した高速インターネット接続が求められます。

さらに、長時間の配信にも耐える冷却システムや、多くのアクセサリーを接続できる多数のUSBポートも重要な要素です。

結局、PCの設定はゲーム実況をする上で他のどんなアセットより重要です。

人目を引く配信、そして視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、ハードウェアの選択に徹底的にこだわる必要があります。

つまり、ハイエンドなパフォーマンスを持ちつつもコストパフォーマンスに優れたPCを見極めることこそが、ゲーム実況用PC選びにおける最も重要な秘訣なのです。

それは、圧倒的な映像美と軽快な操作感が、視聴者を魅了し続けるための、ゲーム実況の心臓部とも言えるためです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

編集ソフトウェアが求める性能

ゲーム実況の魅力を最大限に引き出すには、編集作業が欠かせません。

編集ソフトウェアが求める性能を見極めることは、快適な実況活動において重要なポイントです。

視聴者に高品質なコンテンツを提供するために、まずはCPUの能力を考慮する必要があります。

ほとんどの編集ソフトウェアでは、多くのエフェクトやトランジションを処理するために、高速なマルチコアプロセッサが推奨されています。

ここでのパフォーマンスは、レンダリング時間に直結し、作業の効率を大幅に左右します。

次に、グラフィックカードも重要な役割を果たします。

特に、GPUアクセラレーションを活用した高度なエフェクト処理が求められる場合、対応する強力なグラフィックス性能を持つカードが必要です。

これらは、リアルタイムプレビューや4Kなどの高解像度動画の編集をスムーズに行うために不可欠です。

さらに、大量の動画データを扱うためには、十分なRAM容量が要求されます。

編集作業中のデータは一時的にRAMに保持され、不足すると作業が遅延する原因になります。

また、高速なストレージも欠かせません。

SSDを利用することで、動画ファイルの読み書き速度が向上し、全体の作業効率を大幅にアップさせることができます。

ゲーム実況用のPCを選ぶ際には、これらの編集ソフトウェアが求める性能をしっかりチェックし、実況動画のクオリティを左右する、処理速度と作業効率の向上につながる構成要素を見極めることが不可欠です。

適切なハードウェア選びにより、存分にその才能を発揮し、視聴者にとって忘れられないゲーム実況を提供できることでしょう。

エンコード作業のスムーズな実行

ゲーム実況ソフトウェアを活用するうえで、エンコード作業のスムーズな実行は非常に重要です。

エンコードとは、ゲームプレイの生の映像と音声データをインターネット配信に適した形式に変換するプロセスで、リアルタイムで行われるため、PCにかかる負荷が大きい作業の一つです。

特に高解像度での配信を行いたい場合や、複数のカメラアングルを取り入れたり、高度なグラフィックエフェクトを使用するなどの場合、エンコードには相応の処理能力が求められます。

エンコード作業をスムーズに行うには、強力なCPUと十分なRAMが不可欠です。

現代のゲーム実況では、最低でもクアッドコアプロセッサを搭載したPCが望ましいとされており、より高品質な配信を目指すのであれば、ハイエンドのマルチコアプロセッサが推奨されます。

さらに、エンコードはメモリを多く消費するため、RAMも16GB以上を確保することで、高速なデータ処理とマルチタスクに対応できる環境を整えることが可能です。

ゲーム実況用のPC選びにおいては、グラフィックカードも重要な要素になりますが、エンコード作業自体はCPUの力を主に利用するため、過度に高価なグラフィックスカードに投資するよりも、適切なCPU選びに注力した方が賢明です。

また、PCの冷却システムも配慮する必要があります。

エンコードによる長時間の高負荷作業はPC内部の熱を大きく上昇させる可能性があるため、安定したパフォーマンスを維持するためには効果的な冷却システムの確保も忘れないようにしましょう。

これらの点を押さえたPCを選べば、ゲーム実況配信におけるエンコード作業はぬかりなくこなされ、視聴者に快適なストリーミング体験を提供することができるでしょう。

性能とコストのバランスを考えて、ゲーム実況に最適なPC選びを行ってください。

パフォーマンス向上のためのPC最適化

パフォーマンス向上のためのPC最適化

OSとドライバのアップデート

パフォーマンスの向上と言えば、ゲーム実況で快適なストリーミングを実現するためには、OSとドライバの最新状態を保つことが欠かせません。

動作の安定性やセキュリティ対策を含め、常に最新のコンポーネントでシステムを構築することが重要です。

特にゲーム実況用のPCにおいては、グラフィックドライバが新しいゲームのリリースに合わせて最適化されていることが、なめらかな映像品質を保証するカギになるわけです。

また、OS自体もアップデートを怠ってはなりません。

Windows Updateなどを通じて提供されるパッチや機能強化は、システムの細かい不具合修正やパフォーマンス改善の面で重要な役割を担っているため、定期的にチェックし適用することで、ゲーム実況の効率化に繋がるのです。

このように、OSとドライバのアップデートを通してシステムを最新の状態に保つことは、安定稼働とパフォーマンスアップの両方を実現するため、非常に有効な手段なのです。

さらに、コストパフォーマンスを重視しながらも、ゲーム実況を行う上でストレスなく操作を楽しむためには、これらのシステムメンテナンスを欠かさず行うことが求められます。

この業界における専門的な知見を活かし、常に最高のパフォーマンスを駆使したPC環境を整備することが、ゲーム実況者にとっては実に重要なのです。

不要プロセスの管理と終了

ゲーム実況を快適に行うためには、PCのパフォーマンスを最大限に引き出すことが必須です。

その一環として重要視されるのが、不要プロセスの管理と終了です。

実は、バックグラウンドで走っている見えないプロセスが、思わぬリソースを消費し、ゲームや配信ソフトウェアの性能を低下させることがあるのです。

始めに目を向けるべきは自動起動するアプリケーションのチェックです。

これらはPC起動時に無意識のうちに動き始め、メモリやCPUの一部を占めてしまいます。

タスクマネージャーやシステム構成ユーティリティを利用し、実際にゲーム実況に不可欠ではないアプリケーションを見つけ出し、無効化することが肝要です。

次に、リソースを大きく食うプロセスを定期的に精査し、必要以上にシステムリソースを利用するプロセスを終了させます。

これは、PCの処理能力をゲーム実況に集中させるため、ソフトウェアの更新や一時的なデータ収集などの操作を控えることと併せて行うべきです。

さらに、ウイルス対策ソフトやさまざまなセキュリティツールが、背後で重いスキャンを実行している場合もあります。

実況中にはこれらの機能を一時停止することで、PCのレスポンスを改善することができます。

重要なのは、すべての行動がゲーム実況のパフォーマンスを直接向上させるという認識を持つことです。

タスクの整理整頓でPCの力を解放し、快適な実況環境を整えることが可能となります。

そして、これらの調整は複雑ではありますが、実況の品質を格段に向上させるために必ずやっておくべき最適化手法の一つです。

冷却システムとPC清掃の重要性

ゲーム実況は長時間の使用が前提であるため、PCのパフォーマンスを維持することは非常に重要です。

特に冷却システムは高負荷時のパフォーマンス低下を防ぐための鍵となります。

高性能なCPUクーラーやケースファン、液冷システムなどを適切に選び、配置することで、内部温度が安定し、故障のリスクも減少させることができます。

また、PC清掃は外部からのホコリが内部に蓄積し、熱を閉じ込めてしまうのを防ぐためにも不可欠です。

定期的な清掃は、エアダスターや清掃用ブラシを使って行うことで、エアフローを確保し、冷却効率を保つためにも有効です。

これらの措置により、例えばグラフィックが美しい人気タイトルなどを長時間にわたり実況する際でも、スムーズなゲームプレイと高画質なストリーミングを提供することが可能になります。

良好な冷却機能と清潔なPC環境は、安定したパフォーマンスに繋がるため、ゲーム実況をより格上げするために欠かすことのできない要素と言えるでしょう。

ゲーム実況者に聞くPC選びのアドバイス

ゲーム実況者に聞くPC選びのアドバイス

実体験から学べる選定のポイント

ゲーム実況者がPC選びで重視するのは、なんといっても処理能力と安定性です。

多くのゲームが高いグラフィックス性能を要求する現代において、グラフィックカードは選定で最初に目を向けるべきパーツとなりますが、それに引けを取らないほど重要なのがCPUの性能です。

ゲームを滑らかにプレイすることはもちろん、同時に配信用のエンコード作業も求められるため、多コア・高クロックのモデルが望ましいです。

また、ゲームを長時間プレイし、かつ配信するためには、オーバーヒートしにくく、耐久性のある構成が不可欠です。

ケース選びや冷却システムにも気を配ることが、長期的に見てパフォーマンスを保つ秘訣です。

さらに、高速なSSDはゲームのロード時間を短縮し、視聴者が待ちくたびれることなく、スムーズな視聴体験を提供してくれます。

最低16GBはほしいメモリも、複数のアプリケーションを同時に動かすゲーム実況では非常に重要となります。

しかし、コストパフォーマンスも決して見落とせません。

例えば、最新の高性能グラフィックカードに全予算を注ぎ込むよりは、価格が少し落ち着いた一世代前のモデルを選ぶことで、予算を余剰部分に振り分けるなどの配慮が求められることもあります。

実体験からのアドバイスはこのように、性能だけでなく、耐久性やコストを総合的に考慮したうえでの選択が重要であると色濃く示しています。

ゲーム実況のPC選びは、単に最先端のスペックを追うのではなく、実際の使用状況と予算のバランスを見極めることが成功への鍵となるのです。


長時間使用を考慮したPCカスタマイズ

ゲーム実況を行う際には、長時間対応するPCカスタマイズが欠かせません。

ストリーミングや録画には大量のデータを処理する能力が必要であり、これを踏まえた上でのPC選びが重要です。

具体的には、高いクロック数を持つCPUは長時間の負荷に対しても安定したパフォーマンスを維持することができます。

また、複数のコアを有するプロセッサーは、ゲームプレイと同時に動画エンコードの処理を快適に行うことができるでしょう。

冷却システムにも注目が必要です。

長時間の使用はPCの内部温度の上昇を招くため、効率的な冷却機能を備えたケースや水冷クーラー、そして低騒音で効果的なファンは不可欠です。

高性能なグラフィックカードは必須ですが、それに比例して発熱量も多くなりますので、対応する冷却手段を用意しておくことが賢明です。

さらに、快適なゲーム実況には大容量のRAMが助けとなります。

せめて16GB以上を目安にし、もしものためにスロットを余分に確保しておくと将来的なアップグレードが容易になります。

ストレージについても、速度と容量のバランスを見極め、ゲームのロード時間短縮に優れたSSDと大量のデータを保存できるHDDの組み合わせが望ましいでしょう。

これらの要素を踏まえつつ、ゲーム実況者がPC選びで重視する点をふまえたカスタマイズに努めることで、快適かつ長期にわたる実況活動を支えるPCの構築が可能です。

常に先を見据えた選択が、ゲーム実況という熱い情熱を支える堅牢な基盤となるのです。

予算オーバーを避けるためのアドバイス

ゲーム実況で心を躍らせる多くのプレイヤーが抱える共通の悩みが、高性能なPCを揃えるための予算です。

理想を追い求めるあまり、気が付けば予算オーバーという事態に陥りがちですが、経験豊かなゲーム実況者からのアドバイスを参考にすれば、コストパフォーマンスを最大化させることが可能です。

たとえば、必要十分なスペックを見極めることが先決です。

最新かつ最高のスペックを誇るPCが必ずしも必要ではないことを理解することが大切です。

実況に必要な画質、処理速度を満たすものであれば、それ以上の出費は抑えるべきです。

また、将来的なアップグレードを見越して、進化し続けるゲームの要求スペックに対して柔軟に対応できるように、一部のパーツを後から交換できるようにすることも一つの手です。

パーツごとに価格が大きく変動するセールやキャンペーンを賢く活用し、高品質ながらもお得に手に入れる方法もございます。

これにより、全体の予算を抑えつつも、必要なパワーを備えたPCを構築できます。

さらには、ゲーム実況に特化したPCではなく、様々な用途に使えるPCの中から、ゲーム実況に必要なスペックを満たすものを選ぶという選択もあります。

実況以外にも動画編集や日常的な使用を見込むことで、1台で複数の用途をカバーでき、経済的なメリットに繋がります。

以上のアドバイスを実践することで、予算内での賢い選択が実現し、ゲーム実況者としての長期的な活動を支えるPCを手に入れることができるでしょう。

それにより、情熱を傾けるゲーム実況の世界で、思い描いたパフォーマンスを発揮するための一歩を踏み出せます。

ゲーム実況用PCのセットアップとメンテナンス

ゲーム実況用PCのセットアップとメンテナンス

初回セットアップで注意すべきポイント

ゲーム実況用PCをセットアップする際、最初に取り組むべきは確かな動作の土台を作ることです。

始めに、最新のオペレーティングシステムへのアップデートと、必要なドライバーのインストールが必須となります。

特に、グラフィックカードやサウンドカードなどの周辺機器は各メーカーからリリースされている最新ドライバーを確認し、パフォーマンスを最大限に発揮できるように整えておくことが大切です。

その後に、ゲーム実況における高い処理負荷に対応するため、冷却システムのチェックも欠かせません。

強力なCPUクーラーや適切なエアフローを確保するためのケースファンの配置は、長時間の実況配信でも安定したパフォーマンスを保つ要因となります。

さらに、ストリーミングソフトウェアのセットアップは、視聴者に快適な視聴体験を提供するために根幹をなします。

ここで、ビットレートの選定や解像度、フレームレートの調整を丁寧に行い、ゲームプレイと同時に快適な配信ができるように最適化することで、実況のクオリティが大きく左右されます。

まず初めに適切なセットアップを行うことで、トラブルを未然に防ぎ、実況者と視聴者双方にとって満足のいく結果に結びつくため、慎重かつ緻密な準備に留意することが実況用PC選びにおいて不可欠と言えるでしょう。

定期的なメンテナンスのスケジュール

ゲーム実況用PCの持続的なパフォーマンスを保ちたいなら、メンテナンスは不可欠です。

パーツの劣化や故障を避け、最適な状態でゲーム配信を楽しむためには、定期的なメンテナンスが重要になります。

思いがけない不具合から大事なライブ配信を守るためにも、スケジュールを立てておくことが賢明です。

月に一度は内部の掃除を行い、PC内部のホコリを取り除くことが先決です。

特に、高性能なグラフィックカードやCPUは発熱しやすいため、冷却系のメンテナンスは欠かせません。

ヒートシンクやファンに蓄積されたホコリは効率を落とし、不意のシャットダウンを招きかねません。

また、ソフトウェア面では、OSや使用している配信ソフトウェアの定期的なアップデートも忘れてはなりません。

セキュリティの脅威から保護され、よりスムーズな配信が行えます。

ハードウェアのチェックも必要です。

特に、長時間のゲーム実況はストレージへの負荷が大きいため、SSDやHDDの状態も定期的に確認しましょう。

トラブルが起きてからでは遅いのです。

予期せぬトラブルを未然に防ぐためにも、定期的なバックアップの取得も心がけてください。

これは機器の故障だけでなく、データ損失も含まれるため、ゲーム実況者にとっては重要なリスク管理の一環です。

ゲーム実況用PCのメンテナンスは、単なる手間と捉えず、配信活動の一部として楽しむ姿勢が望ましいです。

定期的なメンテナンススケジュールを守ることで、最良のパフォーマンスと安定感を手に入れ、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

長期にわたり愛用するPCが、誇り高いゲーム実況活動の心強いパートナーとなるでしょう。

故障時のトラブルシューティング

ゲーム実況用PCのセットアップとメンテナンスにおいて、突然の故障は致命的なトラブルとなることがあります。

そんな時、素早く状況を把握し、適切なトラブルシューティングを行うことが、ゲーム実況のプロフェッショナルたる所以です。

例えば、PCが起動しない場合は電源ユニットが原因である可能性が高く、まずはPC内部の電源連結部分やコンセントの接続を確認することが肝心です。

画面に表示がない場合には、グラフィックカードの接触不良や故障が疑われます。

その際は、カードを一度取り外し、再度しっかりと取り付けることで問題が解決することもあります。

また、オーバーヒートによるパフォーマンスの低下も実況ゲーマーの悩みの種です。

冷却ファンの埃を定期的に清掃することや、適正な温度管理を行うことで、多くのトラブルは未然に防ぐことができます。

ソフトウェア面での問題が発生した際には、必要なシステムアップデートが適切に行われているか確認し、ドライバーの更新も見落とさないようにしてください。

さらに、不要なファイルやプログラムは定期的に削除することで、PCの快適な動作を保つことが大切です。

トラブルシューティングは、問題解決への第一歩であり、丁寧で粘り強い姿勢が求められます。

ゲーム実況用PCを長く愛用し、視聴者に最高のパフォーマンスを届けるためにも、これらの知識を日頃から身につけ、迅速な対応を心がけましょう。

故障や不具合に対する素早い復旧作業は、視聴者との信頼関係を築くうえでも大変重要なのです。

あわせて読みたい

最高のゲーム配信PCを目指して スペックチェックリスト

ちょっとええゲーミングPC

映像制作のニーズに応える! カスタムパソコン完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーム実況フレンドリー! コストパフォーマンスに優れたおすすめPC

BTOパソコン購入マニュアル

業界プロが推薦! マンガ制作を支えるおすすめPCリスト

ゲーミングPC探訪

プロが教える最適スペック! おすすめBTOゲーミングPC紹介

静音PC探求道

2024年最新版 圧倒的ゲーム体験を提供する高スペックPC

BTOゲーミングPCランキング

PCゲーム戦士の盾 予算内で見つける最適性能PC

ちょっとええゲーミングPC

効率アップ! 動画編集に適したパソコンスペックとは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

究極のカスタム体験! おすすめBTOゲーミングPCアセンブリーヒント

BTOゲーミングPCランキング

処理速度が鍵! 高速おすすめCore i7 PC

BTOパソコン購入マニュアル

クリエイティブワーク向けおすすめBTOデスクトップPC選定法

ちょっとええゲーミングPC

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

速攻で覚えるおすすめ「AI PC」選択術 トップパフォーマンスモデル特集

BTOパソコン購入マニュアル

最適なスペックで選ぶ、AI画像生成用のおすすめPC

ちょっとええゲーミングPC

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

ゲーミングPC寿命終了?この時が買い替えの合図

BTOパソコン購入マニュアル

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次